営農 土づくり

商品のご案内
まごころ保守点検整備
営農情報
お知らせ
トラクタ+プラウ

生産性の高い農業経営を目指して、当社では営農のお手伝いもしています。

農業の基本である土作り。昨今、化学肥料や農薬の使用量削減への関心が高まっています。

客土による土の再生にはコストがかかりますが、近年は主にプラウを利用した深耕・天地返しを施す「その場客土」のメリットが注目されています。


当社では土づくりに必要な作業機を用意し、県内各地で実演を実施しています。
2012年2月現在、当社が保有している作業機は以下のとおりです。

写真はMZ65PCです

牽引トラクタは、接地圧が低く、圃場にやさしいパワークローラタイプを使用します。
状況に応じて他のトラクタも使用します。

型 式SMZ95QMAXWUHPC2-S
主な仕様最高出力:95馬力/2600rpm、クローラ部接地圧:0.18kgf/㎠
4連リバーシブルプラウ

プラウは、丘曳き・リバーシブルタイプを使用します。溝にクローラを落とすことなくプラウ耕を行えるので、クローラを傷める心配がありません。

型 式CRQY144C1H
主な仕様作業時寸法:294cm(長)×231cm(幅)×143cm(高)
標準耕幅:142cm、標準耕深:14~26cm、標準作業速度:4~6km/h
バーチカルハロー

プラウ耕を実施したあと、土中に鋤きこんだ有機資材はそのままに、バーチカルハローで砕土を施します。

型 式DC230SP
*写真は類似機種DC250PKです
主な仕様機体寸法:151cm(長)×231cm(幅)×121cm(高)
作業幅:230cm、標準作業深:5~20cm、標準作業速度:8km/h以下
レーザーレベラー

最後にレーザーレベラーを使用して精密均平を行います。この作業により、水田では入水や施肥がより均一に行えるようになります。

型 式LT320SL2
主な仕様作業時寸法:330cm(長)×325cm(幅)×272~367cm(高)
営農 土づくり